メニュー
 

ケアマネジャーとは

「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された「利用者様」が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、

  1. 課題・問題の解決に向けて行う相談援助。
  2. 介護サービス計画「ケアプラン」を作成する。
  3. 主治医やサービス事業所との連携・連絡・調整する。
  4. ご自宅を定期訪問し、現状を観察して把握し、評価する。
  5. 各手続き・申請の代行。

などが主な仕事である専門職です。

ケアプランとは?

介護保険サービスをご利用になるには「ケアプラン」が必要です。
「利用者様」が住み慣れた地域で、自立して生活するために必要な「サービスの利用計画書」です。
この「ケアプラン」は利用者本人や家族が作成してもよいのです。これを「自己作成プラン」と言い、役所の介護保険課へ提出します。でも実際は、ほとんどの利用者はケアマネジャーに作成してもらっています。

プラン作成料はいくら?

介護保険サービス(ヘルパー、デイサービスなど)をご利用になった場合は、自己負担がありますがケアマネジャーが提供する相談支援やケアプラン作成等に対する報酬について、利用者様の自己負担はありません。 ※ただし、介護保険サービスをご利用になった月のみ報酬は支払われます。

 

TEL:03-6407-8155

Emailメールでのお問い合わせはこちら

(土・日・祝・時間外も対応いたします)
           管理者 小林 裕子